僕とシャンちゃんの結婚生活日記

人生について書きます

おジャ魔女どれみを見て育った僕から今の子供達に言えること


みなさんはおジャ魔女どれみをご存知でしょうか?
91年生まれの僕が小学生の頃に今のプリキュアの枠で放送されていました。
魔女見習いの女の子たちが淫獣と一緒に魔法を使っていろんなことを解決しようという話です。


90年代後半にはじまったこのアニメですが、それまでの魔女っ子アニメとは異なり非常にドラマ性の強いアニメとなっています。



無印で、登場時は自分のためにしか魔法を使わなかったおんぷちゃんが、魔女見習いであることが周囲にばれてしまったどれみたちを救うために他人の記憶を消すという禁忌を犯すシーンなんか、おんぷちゃんが登場時から変わったということがはっきりわかるしその後に、どれみたちがマジカルステージでおんぷちゃんを目覚めさせる場面でもどれみたちの友情が汲み取れます。
ここで重要なのは、「人は変われる」ということかなって思います。でも、そのためにはどれみたちとおんぷちゃんのように、様々な出来事を通して人間関係が出来て、それを通じて変わるのではないかなと。


それにしてもおんぷちゃん人気はずば抜けてて、おジャ魔女見てた人に好きなキャラ聞くとだいたいおんぷちゃんって返事が来ます。
僕の初恋もそうでした。


まあそんなことはおいといて、おジャ魔女どれみではシリーズ通して友情や愛情がないと成り立たない登場人物の心の動きを、ちゃんと成り立つように描いています。
当たり前かもしれませんが、登場人物の感情が本物に見えるように物語上でしっかりと地盤を作れている作品はテレビドラマでも少なく、ましてアニメではほとんど見ません。
そんな中おジャ魔女は主要キャラの家庭事情やバックグラウンド、さらには他のクラスメイトとの対人関係まで含めて詳細に描かれている作品です。


多感な時期にこの作品を見れて本当に良かったと思っています。
恋もするし、喧嘩もするし、家庭事情もあって当たり前。でもそれをちゃんと全部描いてるアニメはほとんどない。
だから、そういった現実にありえる問題も含めて物語にしてるおジャ魔女はドラマ性が強くておもしろいし、子供目線で見て学ぶことはたくさんある。


おジャ魔女にハマって育った子供は、キモオタになることはあっても(男子は多そう)、不良とかになることはほとんどないんじゃないかなと本気で思っています。
本当に優しい物語です。
どれみのように優しい子供が増えると嬉しいです。



で、今の子供達は何を見ればいいの?という話ですが、ずばりプリティーリズムです!



最高にかわいいし、最高におもしろいです。
プリリズの特徴といえば女児向けアニメとは思えないヘビー展開ですが、ヘビーだからこそリアル感があり、本物の感情に近いんです。だから見てて感情移入できる。
で、仲間や好きな人がいるからそれを乗り越えられる。


プリリズはそういったものがプリズムジャンプにすべて反映されるし、プリズムショーを目指した一体感みたいなのがあってとてもわかりやすくていいですね。


4期や映画化も決まったみたいなので、これからも楽しみです。
ゲーセンでプリリズで遊んでても白い目で見ないでね