僕とシャンちゃんの結婚生活日記

人生について書きます

高校時代の思い出とか


高校時代の同級生に『桜田門外のプーチン君』という友達がいました。


彼は同じ演劇部の部員で、僕はプーチン君と呼んでました。


高校3年の夏、最後の文化祭に向けて僕たちは必死に稽古をしていました。どのくらい必死かというと、毎日お風呂では全裸なくらい必死でした。


プーチン君と僕はあまり共演したことがなく、稽古はとても大変でした。顧問の先生(♂)が婚期を逃すくらい大変でした。ちなみに僕は売れないバンドマンの友達で、プーチン君はロボットの役でした。


本番当日、部員のみんなはものすごい緊張に襲われていました。そんな中プーチン君はプレッシャーのあまり自分の自爆ボタンを押してしまいました。


公演中止どころか文京区がなくなる勢いでした。




そしてそれ以来プーチン君の姿を見ることはありませんでした。




それから数年後、僕は高校の同窓会へ行きました。


すると、そこには地味な大学生となったプーチン君がいました。


僕「プーチン……自爆したんじゃ……」


プーチン「ふふふ……メカプーチンとなって蘇ったんだプー」


僕「僕のおしりにプーチン♪」


プーチン「うるさいわ」



メカプーチンとなったプーチン君は大学で成績優秀なために学費免除となっていました。


そんなメカプーチンを見ていると、高3の時に文化祭公演が出来なかった時の怒りが込み上げてきました。


そして僕はプーチン君に挑戦状を叩きつけました。


「あの日君が自爆したせいで出来なかった舞台を完成させてやる!!」




というわけで11月に演劇やります。
詳細はコチラ
興味のある人は見に来てね!



※だいたい実話です